プロフィール

照紗デザイン浴衣-薔薇蝶幻夢 / Teresa's designed YUKATA "The Butterfly's dream"
照紗デザイン浴衣-薔薇蝶幻夢 / Teresa's designed YUKATA "The Butterfly's dream"

照紗(てれさ)

 

グラフィックデザイナー/イラストレーター/アートディレクター

 

屋号:Production_Genmu(プロダクション ゲンム)

   

アーティストステイトメント:

 

神奈川県生まれ 高校・アートスクール時代をオーストラリア・シドニーで過ごす。BA Design学士修得後、帰国。IT企業のグラフィックデザイナー経てフリーランスのグラフィックデザイナー・イラストレーターとして独立。

 

商業イラストレーター・デザイナーである傍ら、作家として国内外でのアートイベントやメディア、アートコラボ企画などで作品を発表中。

歌舞伎の物語などを下敷に、時代を越えても変わらない、恋する乙女の一途な熱量や傾く心を「傾乙女(かぶきおとめ)」の世界観として平面作品を始め、写真や和装デザインなど多岐に展開する。


2013年よりクリエイティブユニット「Papillion(パピリオン)」として、アートディレクター・紅胡とタッグを組み活動開始。

2014年には米国MAXTOY社より照紗がキャラクターデザインの「郷土玩具怪獣キブナドン」のアーティストソフビトイもリリース。

東京デザイン専門学校キャリアコースの講師も勤める。

  

TERESA

 

Teresa was born in Kanagawa, Japan, and spent her high school and college days in Sydney, Australia, where she graduated from Sydney Graphic College with B.A. in Design. After coming back to Japan, she worked as a graphic designer in an IT company for four years, and later became a freelance designer/illustrator. 

 

Many of Teresa’s works are created in the motif of Kabuki which she has chosen as her theme among all the traditional stage arts.

Kabuki, originally meaning ‘acting crazy’ was started by a girl, Okuni, who was a unique, stoic dancer with her own style. Teresa finds all the teenage girls in Kabuki are in love, passionate, brave, yet sensitive. She always tries to keep the pieces of their rock spirit combined with girly characteristics within her works, calling them ‘Kabuki Otome’, and encourages the girls today to find themselves in Kabuki, too. 

 

Teresa is a tireless artist who works under the name of her production, ‘Production_Genmu’. She releases her artworks not only via illustrations and designs, but also in multiple methods such as Yukata (summer kimono), daily items and live performances. She also teaches digital illustration skills at the Tokyo Design Academy in Harajuku, Tokyo.

 

略歴:

高校、大学(カレッジ)時代の約6年間をシドニーで過ごす。
2001年:Sydney Graphic Collegeにてグラフィックデザインの学び、BA Design学士修得後、帰国。
IT企業にグラフィックデザイナーとして就職。ソフトフェアのGUIや製品パッケージ、キャラクターデザインなどを手がける。
2003年:ラフォーレ原宿の宣伝母体である(株)LAPNETプロデュースの20代女子によるアートユニット『MySweetMuseum』に所属し、それをきっかけに創作活動を開始。
2005年:企業を退職。フリーランスのデザイナー・イラストレータとして活動開始。

初個展「原宿乙女恋絵巻」を原宿LAPNET club+cafeにて開催。
2008年:ミニ個展「東京乙女恋絵巻」1月開催@FEWAMANY
東京デザイン専門学校キャリアコースのイラストレーションの講師業スタート。
2009年:峰岸達イラストレーション塾8期生として入塾。
2010年:ミニ個展「東京乙女恋絵巻~幻夢蝶道行の幕~」6月開催@FEWMANY
個展「東京乙女恋絵巻~師走の段~」12月開催@ArtCompletCenterofTokyo